当社の画像認識プロセッサー「Visconti™4(TMPV7608XBG)」が、中国の自動車部品メーカーである浙江亜太機電股份有限公司(Zhejiang Asia-Pacific Mechanical & Electronic Co. Ltd.、略称:APG社) のADAS(注1)ソリューションに採用されました。Visconti™ファミリーが海外メーカー向けに量産されるのは、今回が初めてです。

現在、中国の自動車市場において、自動車安全テストへの自動緊急ブレーキ評価の追加などを背景に、ADAS搭載車の比率が高まりつつあります。それに伴い、中国における車載カメラの市場も、2030年には2019年比で約4倍に増加する(注2)など、今後急激な拡大が予想されています。

「Visconti™4」は、カメラからの入力映像を画像処理し、自車が走行している車線、車両、歩行者、標識、自転車乗員、対向車のヘッドライトなどを認識する画像認識プロセッサーです。ハードウェア上で処理するため、CPUやGPUよりも低消費電力で画像認識を実行することができます。また、当社が独自に開発した「Enhanced CoHOGアクセラレータ(注3)」を搭載しており、夜間における歩行者検知性能を強みとしています。これらの性能が評価され、今回の採用に至りました。

注1 ADAS:Advanced Driver Assistance System(先進運転支援システム)の略。
注2 出所:(株)矢野経済研究所「中国のADAS/自動運転用センサ市場に関する調査(2019年)」2019年11月5日発表
注3 Enhanced CoHOGアクセラレータ:当社が開発した輝度及び色情報を用いて複合共起特徴量を抽出するアルゴリズム。

* Visconti™は、東芝デバイス&ストレージ株式会社の商標です。
*その他の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

Visconti™4
Visconti™4