株式会社アイエスエイ(略称︓ISA、東京都新宿区新宿、代表取締役︓三反崎 好弘)は、通信品質を評価するための測定ツール「LoRa通信電界強度計 WD100-RXT」を開発、5⽉28⽇より販売いたします。
■経緯
株式会社アイエスエイは、IoT関連の製品として、2018年にLoRa無線⽅式の環境計測システム、WD100シリーズ(商品名称︓ももことあやか)を発表、その実⽤性と豊富なセンサ対応を⾼く評価され、OEMも含め多くのユーザを得てまいりました。この度、当社製品以外も含め、LoRa製品を導⼊、検討されているユーザやシステム構築を⼿掛ける業者の皆様向けに、本製品を販売するに⾄りました。当社では、本製品の発売によりLoRa製品の⼀層の普及に貢献いたします。

【1⼈でも出来るLoRaの電界強度測定、専⽤測定器登場】
LPWA通信の代表的⼿法であるLoRa通信によるセンシング・システムにおいて、計測したい地点とそのデータ受信拠点間で安定した通信が確⽴される為には、無線信号の電界強度(受信感度)を予め測定しておくことが重要です。
従来、電界強度の確認には実機を仮設置し、受信側に接続されたPC等で測定データを取得していましたが、⼿間と時間がかかり専⾨的要素も必要でした。
ISAはこれらの問題点を解決し誰でも簡単にLoRa電波の強度を計測できその後の実機設置作業を容易にするLoRa通信電界強度計 WD100-RXTを開発しました。これからLoRaシステムを導⼊予定のユーザや設置・販売業者での利⽤を想定、LoRa製品の⼀層の普及に寄与します。
【LoRa通信電界強度計 WD100-RXT 特⻑】
1.データ収集を⾏う親機側に加え、センサ側⼦機にも電界強度の表⽰機能を備え、親機を固定して⼦機(電池式)を持ち歩くことで⼀⼈でも最適設置場所の決定が可能
2.LoRa通信上の消費電⼒と転送レートに関係する拡散率(SF値)を⼦機側、親機側で設定でき各々の設定時の電界強度データと合わせ最適値の確認が極めて容易に
3.⼦機側には温度・湿度センサを装備、計測値は⼦機と親機のLCD表⽰器で確認
4.⼦機側では親機及び⼦機での電界強度を表⽰
5.親機側では⼦機2台分のデータとして受信時間、電界強度値(RSSI)及び温湿度を同時表⽰
6.ISAのLoRaシステム、WD100シリーズはもとより、他社LoRaシステムの導⼊前調査にも寄与

【LoRa通信電界強度計 WD100-RXTの概要】
名称 ︓ LoRa通信電界強度計 WD100-RXT
受注開始⽇︓ 2020年6⽉1⽇
定価 ︓ 親機1台、⼦機1台で定価148,000円(税別)円から
*短期使⽤のためのレンタル価格の設定(要問い合わせ)もあります。
販売 ︓ ISAダイレクト http://isa0707.az.shopserve.jp/

■会社概要
商号 ︓ 株式会社アイエスエイ
代表者 ︓ 代表取締役 三反崎 好弘
所在地 ︓ 〒160-0022 東京都新宿区新宿6-24-16 新宿6丁⽬ビル
設⽴ ︓ 1979(昭和54)年10⽉
事業内容︓ 以下の各製品の開発/製造/販売/保守
ネットワーク警告灯、IoT計測機器、IT機器の⾃動運転システム、
UPS・PDU等の電源関連装置、遠隔監視装置、
HP、Sun等のリファービッシュビジネス
資本⾦ ︓ 10,000万円
URL ︓ https://isa-j.co.jp/
E-mail ︓ info@isa-j.co.jp
※⽂中の社名、商品名、機種名、各社の商標は登録商標です。(C) 2020 ISA Co., Ltd.