NetEdge ネットエッジ NE1000シリーズは、IoT(Internet of Things)技術を搭載し、温度、湿度、アナログセンサーからの情報を監視・判断でき、接点信号の入力監視や出力制御を遠隔から行えます。省エネや環境監視等の目的で様々なセンサーを組合わせ、クラウドサービスや統合監視の強化が可能です。
情報伝達方法は、電子メールを利用すると企業内規約やなりすまし等の危険があるためと、既存のシステム監視システムとの親和性からSNMP(Simple Network Management Protocol)を基軸としています。

【特徴】
○情報伝達が確実な有線LANのみを採用し、外乱リスクを低減
○PoE標準装備で屋内外の既存環境に対応
○閾値設定を超えるとSNMPトラップで異常を通知
○小型(底面積はスマホ大)軽量で設置場所を選ばず
○動作温度は、-20~55℃のタフ設計

ネットエッジ NE1000シリーズ
ネットエッジ NE1000シリーズ