ADLINK Technologyは本日、エッジAIとコンピューティングアプリケーションの応答性と耐久性を強化するように設計された次世代のMatrix組込みコンピュータのリリースを発表しました。パフォーマンスを強化するように設計された次世代のMatrixシリーズは、革新性と堅牢性を提供して、エッジでのデータ駆動型意思決定を可能にし、業界全体で効率、生産性、セキュリティの強化を実現します。

次世代のMatrixシリーズは、その異種コンピューティングアーキテクチャにより、システムの応答性を次のレベルに引き上げます。 新しいMatrixシリーズは、第9世代Intel(r) Xeon(r)およびCore™プロセッサに基づくCPUコンピューティングと、NVIDIA(r) Quadro(r) Embedded GPUのGPUコンピューティングを組み合わせて、計算集中型の高解像度医療画像を高速化し、より迅速かつ正確な診断を可能にします。 さらに、これらのボックスを使用して、品質保証のために製品の欠陥を検出および分類し、アクセス制御のために顔認識を展開し、危険防止および制御のために労働者の動きを追跡し、他のエッジAIおよびコンピューティングアプリケーションを効果的に実行できます。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

Matrix Series
Matrix Series