マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)は、European Telecommunications Standards Institute(ETSI)によって作成されたエッジコンピューティングアーキテクチャ規格です。 MECはもともとMobile Edge Computingと呼ばれていましたが、後にモバイルネットワークを超えたWi-Fiおよび固定アクセス技術への拡大の結果として名前が変更されました。基本的に、MECはクラウドコンピューティングの進化であり、データ処理を中央のデータセンターからネットワークエッジに、そしてアプリケーションのエンドユーザーに近づけます。

5G展開が世界中で加速されているので、MECアーキテクチャも5Gネットワ​​ークの拡大に追いつくために急速に進化しています。次世代のモバイルネットワークとして、5Gはその前任者よりも10倍速く、待ち時間を1msに短縮します。コンピューティングとインテリジェンスをデータの生成と分析の場所やリアルタイムの決定の場所に近づけることで、MECは、通信事業者が待ち時間を大幅に短縮し、接続速度を高め、ネットワークセキュリティを強化することで5Gの約束を果たすことを可能にします。そしてエンドユーザーへのサービスの質を改善します。MECを統合してネットワーキング需要を効果的に分散することで、5Gの飛躍的に改善された機能は指数関数的に増加する接続デバイスを処理し、人工知能(AI)を含む広範囲の遅延および帯域幅依存の業界横断技術およびモノのインターネット(IoT)、機械学習、自律走行車、コネクテッドカー、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)、スマートシティ、スマート交通機関などを含むアプリケーションを可能にします。

5Gの時代には、最先端のコンピューティング実装戦略を持つことが、通信事業者が新たなサービスの機会を利用して競争に勝つことができるかどうかを大きく左右します。これにより、通信事業者と業界をリードする研究機関との間のコラボレーション、およびエッジコンピューティングアーキテクチャの標準化、参照設計、およびパイロットプロジェクトに関するコンソーシアムが促進されます。MECは、ユーザーエクスペリエンスの向上と帯域幅リソースの節約、およびネットワークエッジでのサービス革新のための無限の可能性の提供を主な目的とした最も著名な共同作業の1つです。

ADLINKは、信頼性が高く入手可能な組込みコンピューティングシステムの開発における20年以上の専門知識を活用することで、広範で費用対効果の高いCOTSを提供するサプライヤであり、また世界の一流の電気通信機器製造業者(TEM)およびネットワークセキュリティインテグレータへの迅速な市場投入までのODMソリューションを提供します。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

MECS-7210
MECS-7210