製造業者にとって、サービスや部品の費用は、予測が最も難しい出費になる場合があります。機械には大抵、保証とサービスの要項が付随していますが、モーターを搭載した機器は誤作動や故障しやすいというのも明らかな事実です。機械が長期間稼働可能であれば、実質的には保証と変わりありません。

製造業者は修理や交換部品の費用を支払う必要だけでなく、生産の遅延に起因する損害を負担する必要もあります。製造スケジュールが数日または数週間遅れ、作業者には残業が求められ、顧客は納品が遅れることで、信頼できる業者としての評判が損なわれることを心配するといった事態は突然に生じます。これらはすべて、単なる修理費用よりも何倍もコストがかかる財政上のやっかいな問題として顕在化する場合があります。

こちらの導入事例をダウンロードいただくと、装置メーカーが抱える問題、ソリューションがご覧いただけます。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

MCM-100機械状態監視
MCM-100機械状態監視