ADLINKのマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)サーバ MECS-7210は、最初に認定されたOpen Telecom IT Infrastructure(OTII)準拠のエッジサーバの1つです。

2台のNVIDIA(r) Tesla(r) V100 Tensor Core GPUを搭載した構成で、MECS-7210は、機械学習やディープラーニングのためのAIフレームワークを容易に導入できる機能性と性能がテストされています。

「MECS-7210のNCG-Ready認定は、あらゆる業界のお客様がエッジでのAI対応アプリケーションの展開を加速させるのに役立ちます」とADLINKのネットワーキングおよびコミュニケーション担当ディレクターであるジュリアン・イェ(JulianYe)はこうコメントしています。 「たとえば、テレコムの場合、顧客はAIを導入して、5G Open RANからエッジデータセンター、プライベートネットワーク、MECまで、さまざまなアプリケーションを進化させることができます。NVIDIAの継続的に洗練されたAIフレームワークの恩恵を受けて、新しい機会と課題に対処できます。最適なパフォーマンス、最大のシステムユーティリティ、優れたROIを備えています。」

NGC-Ready認定プロセスには、オンプレミス、クラウド、およびエッジ展開の幅広いアプリケーションに対するMECS-7210の広範なテストが含まれていました。ADLINKの認定済みMECS-7210は、顧客がリアルタイムのインテリジェントな意思決定に利用できる幅広いGPUアクセラレーションソフトウェアを活用するのに役立ちます。お客様は、ハイブリッドとマルチクラウドの両方の実装を含むワークフローコンピューティング環境を簡単に移行し、ベアメタルサーバーまたは仮想化環境でソフトウェアを実行し、GPUの使用率と移植性を最大化できます。この認定により、お客様はNVIDIAのエンタープライズグレードのサポートに直接アクセスできるようになり、最新の機能を備えた継続的に最適化されたフレームワークを活用できます。

ADLINKの認定済みMECS-7210は、電気通信、スマートシティ、小売、製造、自動運転車、バーチャルリアリティ、ヘルスケアなど、多くの業界でAIベースのアプリケーションとサービスの市場投入までの時間を短縮するのにも役立ちます。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

MECS-7210
MECS-7210