ADLINK Technologyが、Radeon™ グラフィックス(cExpress-AR)が統合された、新しいAMD Ryzen™ V2000 APUを搭載した最初のオクタコアCOM Express Type 6コンパクトモジュールを発売しました。

コア数が2倍のcExpress-ARは、次のような要求の厳しいグラフィックベースのアプリケーションでの使用に最適です:

•超音波画像処理
•4K高速ビデオエンコーディングとストリーミング
•組込みゲーミングとインフォテインメント
•エッジでのAI推論

「AMD Ryzen™ V2000 APUは、高性能なグラフィックスコンピューティングコアを搭載しているため、追加のGPUを必要とせずにAIの推論アプリケーションで使用することができます。これは、cExpress-ARがシステム全体のコスト削減に貢献する一つの方法です」と、ADLINKのCOM Expressプロダクトマネージャー、アレックス・ワン(Alex Wang)はこうコメントしています。「以前の組込み用クアッドコアV1000プロセッサと比較して、追加コアとAMDのZen 2アーキテクチャを組み合わせることで、性能と効率が2倍になります」と。

続きをご覧いただくには、資料をダウンロードいただくか、PR情報をもっと見るをクリックしてください。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

cExpress-AR
cExpress-AR