インダストリー4.0の時代において、人件費の上昇という課題と柔軟なカスタマイズの需要の高まりが、製造業のロボット導入を加速させています。国際ロボット連盟(IFR)によると、2020年から2022年の間に、世界中の工場に新たに200万台近くの産業用ロボットが導入されることになります。これは、生産オペレーターがロボットをより頻繁かつ緊密に扱うことを意味します。

続きをご覧いただくには、PR情報をもっと見るをクリックしてください。

お問い合わせはADLINKジャパンまで:
●東京本社:03-4455-3722
●西日本支社:052-589-9018

AIスマートカメラ
AIスマートカメラ