## Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対して弊社は自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回、モデルベース開発におけるソフトウェア検証のスピードアップを実現すべく、新ツールとなる「PROMPT」をリリースしました。

本製品を用いることで、MATLAB/Simulinkのサブセットとして機能モデルまたは実装モデルからテストデータを高速に自動生成することが可能!

モデルベース開発のテストデータ生成における課題を解決し、車載システム等に搭載されるECU用ソフトウェアの開発に対する「高安全・高信頼」に寄与します。

===================================
新製品 PROMPT
リリース日:2020年03月9日
===================================
【製品紹介】
モデルカバレッジ率の高いテストデータを短時間で自動生成するツールです。

信号テンプレートの選択及び、その信号特性をモンテカルロ法で変更し、機能モデルまたは実装モデルからモデルカバレッジ率の高いテストデータを短時間で自動生成します。

※JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)と共同研究開発

【主な製品機能】

①テストデータ生成
ハーネスモデルを入力として、ランダム探索(MCMC)方式により網羅性の高いテストデータを高速に生成できます。
また、内部機能として、モデルカバレッジ計測を行っています。

②モデルカバレッジレポート出力
生成したテストデータに関するモデルカバレッジ情報をテキスト形式、JSON形式として出力。
また、以下の2点に関してレポートを出力することができます。
(a)モデル内部のすべてのブロックに関するモデルカバレッジ情報
(b)モデル内部のカバレッジが100%未満となったブロックに関するモデルカバレッジ情報

③カバレッジ測定未対応ブロックレポート出力
カバレッジ測定対象外となるブロック情報をテキスト形式、SON形式として出力。
MBDのテストデータ生成を改善します。

④弊社製品「MC-Verifier」と組み合わせて、B2Bテストを自動化
(「MC-Verifier」製品紹介→ https://bit.ly/3eaDmAq )

弊社製品「MC-Verifier」のインターフェースに合わせた形式のテストベクタを「PROMPT」で出力。
ツール間連携を気にせずB2Bテストを自動化し、ツールチェーンを減らし、内製ツール管理の負担減少につなげます。

製品機能詳細は、下記Webページをご参照ください。