## Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいているガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、
サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対して弊社は自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、Matlab/Simulinkモデルの品質向上への取り組みついて、ご紹介致します。

【Matlab/Simulinkを利用したモデルベース開発におけるガイオ製品の効能とは?】
システムを構成するソフトウェアは、分野を問わず開発の規模が増大しており、組込みソフトウェアの領域も例外ではありません。

開発プロセスの各ステージで大小の課題が認知されていますが、そのなかでも検証の量数増大は、工数確保や工期確保のうえでも解決が急がれる課題のひとつです。

乗用車や商用車を代表としたモビリティシステムでは、Matlab/Simulinkを利用したモデルベース開発(以降MBDと略)の利用が広がりつつあります。MBDでも検証の工数確保や工期確保が難しく、様々な技法/手法を駆使した縮減が期待されています。

MATLAB/Simulinkモデルを活用するメリットは、「シミュレーションモデルを作成し、実装コードへ変換する事によって、迅速に実機を用いた検証と修正を行える」点です。

これは、組込みソフトウェア開発において有用でありますが、一方で”モデル品質”の現状は、
先行開発時のロジックが最適化されず残っていたり、暫定的な修正の繰り返しを行う事で、モデル自体が複雑化・肥大化し、品質特性のうち”保守性”が低下しているモデルを見かけることが多くなりました。

モデルの複雑化・肥大化は、そのカバレッジ網羅達成のテストデータ生成(作成)が困難であり、かつ、シミュレーション時間増大となり、構造検証自体が著しく困難であり、破綻している状況に陥ってしまい、結果として開発資産としての価値が低下します。

これらの多くは、モデル構造の課題として、検証可能な粒度のサブシステム分割の未実施、ネストの深い分岐構造、クローンロジックの存在、等が挙げられ、多くの開発者は、「検証をやりきれる」解決方法にお悩みではないでしょうか?

その課題に応えるべくガイオ・テクノロジーでは、ガイオのエンジニアリングサービスとサービスの実績から築いたMBD支援ツールとして、モデルカバレッジ率の高いテストデータを短時間で自動生成を行うことでソフトウェア検証のスピードアップを実現する「PROMPT」をリリースしました。

また2020年内にはテストの軽量化のための置き換え技術と設計是正ツール「smartMBT」のリリースを計画しており、モデル構造の解析から、テストデータ生成(作成)時の量的課題を可視化して指摘し、フルオートメーションCLI環境を提供します。

両製品とも、MATLAB/Simulinkのサブセットとして機能モデルまたは実装モデルからテストデータを高速に自動生成することが可能となるため、MBDのテストデータ生成における課題を解決し、車載システム等に搭載されるECU用ソフトウェアの開発に対する「高安全・高信頼」に寄与します。

製品機能詳細は、下記Webページを是非ご参照ください。