### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、パフォーマンス検証における手戻り工数の最小化を実現する弊社保有のツールソリューションをご紹介します。

===================================
【組み込みソフトウェアの規模拡大と顕在化する課題】
===================================

製品競争力強化を図るため、多くの機能が搭載される昨今の組み込み機器。
その機能を実現する組み込みソフトウェアは、累乗的に拡大を続けています。
巨大化したソフトウェア開発に対応するため、リソースを社外に委ねたり、
各種ツールを活用することで、効率化や自動化が進んでいます。

処理の時間的制約や、ハードウェアリソース制約が少ないPCアプリケーション開発が対象であれば、
ソフトウェアにフォーカスされた現行スタイルの維持と強化が有効に働きますが、
組み込みソフトウェアは処理の許容時間が指定され、それを特定のハードウェア上で実現させる使命を持ちます。

コストダウンや開発期間短縮が求められる中で、制約を持つハードウェアや再利用される既存ハードウェア上に、
ソフトウェア実装仕様として、多くの機能、新たな機能追加が盛り込まれてしまうため、
新たな課題として、許容時間を超過するパフォーマンス問題が、顕在化しています。

この課題に応えるべく、ガイオテクノロジーでは二つのタイミング検証ツールを提案しています。

【①ドイツGLIWA社製タイミング検証ツール「T1(ティーワン)」】
(URL https://www.gaio.co.jp/products/timing-suite-t1/)
数年前よりガイオテクノロジーでは国内販売代理店として、ヨーロッパで多くの導入実績を持つタイミング検証ツール「T1(ティーワン)」の提供を開始しております。

T1を用いることで、実機上で動作するソフトウェアの高精度なパフォーマンス計測が可能になり、
自動車業界をはじめ、国内外のタイミングクリティカルな製品開発で成果を上げています。

【②タイミング検証のフロントローディングを実現する「PLAS-Qlite」】
(URL  PLAS-Qlite:https://www.gaio.co.jp/products/plas-qlite/)
一方、実機を用いる検証は、実機環境の物理的/数量的な課題もあり、開発の後工程で実施されるケースがほとんどです。そのため、パフォーマンス問題を検出した場合、大きな手戻り工数が発生してしまいます。

その手戻り工数を削減するために、ガイオテクノロジーではパフォーマンス検証のフロントローディングを実現する「PLAS-Qlite」を2020年4月にリリースしました。

「PLAS-Qlite」は、組み込みソフト開発者向け、単体/結合テストを自動化/効率化ツール「カバレッジマスターwinAMS」と連携し、実機レスでのパフォーマンス検証を実現します。

「カバレッジマスターwinAMS」には、「マイコンシミュレータを用いたオブジェクトコード実行」、「ソースからのテストデータ自動生成」という特徴があり、そこに、パフォーマンス計測に重要なレーテンシー情報を「PLAS-Qlite」で設定することで関数/結合モジュール単位の実行時間の計測を可能にします。

「PLAS-Qlite」リリース前のフィジビリティスタディにおいて、実機計測との誤差が10%~20%に収束されていることを確認しており、開発初期段階における充分な計測精度を保っています。

パフォーマンス問題でお悩みのお客様は、「PLAS-Qlite」を活用した改善をご検討ください。