### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいているガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対して弊社は自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における安全やセキュリティー面での諸活動に、ツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、車載搭載向けC言語コードの品質向上への取り組みついて、ご紹介致します。

===================================
組込みソフト開発の知見を生かしたガイオのエンジニアリングサービスを紹介
===================================

システムを構成するソフトウェアは、分野を問わず開発の規模が増大しており、組込みソフトウェアの領域も例外ではありません。

開発プロセスの各ステージで大小の課題が認知されていますが、そのなかでも検証の量数増大は、工数確保や工期確保のうえでも解決が急がれる課題のひとつです。

Cプログラミングの世界では検証(工数および工期)の縮減方法が提唱され、現場に受け入れられ、効果を挙げています。この解法を、ツールとサービスの両面から紹介します。

ソフトウェアのテストは、品質を確保する工程ですがそのテストにかけられるコストには限りがあります。

テストにかけられるコスト(時間とお金)の許容範囲内でテストを完了させ、さらに品質要求を満たすための品質要求とコストのバランスをどのようにとるかの判断が非常に重要です。

テストの実施で陥る問題としては、

「テスト品質レベルが開発者に依存する」
「コード網羅を高められない」
「テスト指針の妥当性を証明できない」
「回帰テストの効率が悪い」

といった問題があげられます。

これらの課題を解決し、求められる品質レベルと許容できるコストとのバランスを考慮したテストを実施するために、ガイオ・テクノロジーでは、ガイオのエンジニアリングサービスとサービスの実績から築いた、組込みソフト開発・検証ツールを多数をご提供しています。

【単体テストツール:カバレッジマスターwinAMS】

機能安全規格ISO 26262 / IEC 61508に準拠し、ステートメント、ブランチ、MC/DC、関数コールなどのコードカバレッジ計測可能な、マイコンシミュレータを内蔵した組込みソフト向けC/C++ソフトウエア単体テストツールです。

組込み特有のマイコンへの実装に依存した問題点を含めた、マイコンコードに最も忠実で信頼性の高い単体テストを実施します。

【先進品質技術ソリューション事業(SAQT)】

「S=Speed Q=Quality V=Value」をコンセプトにした、組込みソフトの単体テストを中心としたテストサービスを「「テストパートナーSQV」として実施しています。

自動車機能安全ISO 26262が要求するテスト水準のエビデンス、テストレポートの作成にも対応します。

テスト結果を納品するだけではなく、テストパートナーとして、お客様のテスト設計/コード設計の改善アドバイスを実施することも可能です。

【ユニットテスト・オンザトラック】
組込みソフト単体品質確保のために必要なコンサルティング、技術サポートと、必要な単体テストツールをパッケージとして提供する、組込みソフト品質改善ソリューションを提供しています。

組込みソフト品質確保の為のガイドライン作成、各工程段階におけるレビューの実施などの定着サポート、品質改善の度合いを確認するための可視化ツールの整備や各テストフェーズの自動化(CI,CT)の推進をサポート致します。

単体テストでお困りの方は、是非弊社までお問い合わせください!