### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、派生開発における上位技術文書の取りまとめを推進するための、エンジニアリングサービスをご紹介します。

===================================
【設計根拠が説明できるソフトウェア制御仕様ベースの上位技術文書とは】
===================================
組み込み開発の現場では、一から新規製品を開発するよりは、既存製品をベースに次期バージョンとなる製品を開発する「派生開発」が多いのが実情です。
「派生開発」の場合、機能をどの様に追加・変更するのか具体的に明らかである場合は珍しくありません。

ソフトウェア開発の流れとして、新バージョンの開発企画に相当する文書を元にハードウェアとの関係性を熟知した各機能のソフトウェアの開発担当者により、ソフトウェア制御仕様を個別にとりまとめることは普通に行われています

各機能の開発担当者は制御仕様のレビューの場で、関連する他機能の担当者と「擦り合わせ」を行いながら制御仕様を洗練させてから、実装フェーズに移るという流れとなります。

「派生開発」が前提となるため、各開発担当者間にて製品開発に関する深い知識と経験が共有できていることが殆どです。
そこで、ソフトウェア制御仕様には、開発者間で既に共有しているノウハウや、レビューの場で協議・検討され仕様が決定された経緯や意図が記載されていなくとも、各開発担当者はソフトウェア設計から実装を進めることができます。

こういった組織では、開発担当者の異動が比較的少ないならば、特段問題なく何世代(バージョン)にも渡る派生開発が継続されていきます。

一方、組織的な合理化のために開発担当者の新陳代謝(若い世代への移行)が行われる場合や、既存のソフトウェア資産をベースに新規の製品開発に取り組むとなった場合,
制御仕様にちりばめられている「暗黙知」を拾い上げられないために発生する、技術負債を目の当たりにすることとなります。

過去資産として積み上げられている各ソフトウェア制御仕様は、開発対象となる製品全体から見れば、ハードウェアを制御する機能毎に分解されたソフトウェアの設計情報をとりまとめたものとなります。

すべての開発担当者がシステム全体において、ハードウェアとソフトウェア間において、どの様に連携して動作しているのか、その全体像を俯瞰することで共通理解を得ることに大変な苦労が生まれ、結果的に多大なる工数が費やされることとなります。

技術負債を解消するために必要となるのが、システム全体の設計根拠や意図が理解できるもの、即ちソフトウェア制御仕様に対する上位の技術文書となります。

上位の技術文書は、ソフトウェア制御仕様からすれば各機能の抽象度を高めつつ、システムの全体像を各開発担当者が理解できるものでなくてはなりません。
製品全体のアーキテクチャが読み取れる文書でなくてはならないため、全体像を各開発担当者の理解が異ならないように記述ルールを定めた上で、図示化することになります。

現在行っている開発の流れを阻害することなく、開発効率や製品品質向上へもつなげなくてはなりませんから、上位技術文書の策定を現行の開発プロセスにどの様に組み入れるのか、慎重な検討が必要となります。

ガイオ・テクノロジーは、これまで培ってきた現場でのノウハウとシステムエンジニアリングの知見を基に、複数の開発PJにおいて上位技術文書の策定からソフトウェア制御仕様の取りまとめを実施しています。

ガイオのエンジニアリングサービスでは、「システム開発情報のミッシングリング」を無くし、スピードと品質の両方を兼ね備えた製品開発を実現するための上位技術文書策定を、お客様と共に進めることが可能です。

ご関心のある方は、是非とも下記ページまでお声がけください。