### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、製品への品質要求を満たした品質確認を推進するための施策に資する、エンジニアリングサービスをご紹介します。

===================================
【品質確認の施策 ~一般的なアプローチとツールチェーンへの反映】
===================================
弊社ツールビジネスおよびエンジニアリングサービスでは、車載システムの品質確認(品確)のためにユーザ企業様が行う様々な活動を支援しております。

品質への要求事項では、OEM様とサプライヤ様という企業形態、車両・ドメイン・HW/SWといった構造単位、機能安全規格での要求事項への対応、といった
複数の要素に応じた包括的な施策を打つことになります。

このため、品質要求に対応した品確アイテム毎の施策や活動との関連付けにおいては、個社毎、個社の中でもドメイン毎に分かれた検討がなされていることでしょう。

また、開発プロセスへの施策として、機能安全(FuSa)のみならずSOTIFやサイバーセキュリティを始めとする規格や標準類の規定で求められる成果物が策定できる、個々のプロセスにおける活動定義や、各活動を支援するプロセスやツールチェインの構築が行われています。

ガイオではこういったお客様における一般的な品確活動への支援を行っています。

一連のご支援を通して、一般的な開発スタイルであるV字型の開発プロセスのみならずアジャイル開発(小規模からSaFADに象徴されるような中~大規模組織に適用可能な)における品確を併せ、様々な観点から品確アイテムを統合的に取り扱うことのできる仕組みを整備することが必要だとの認識に至りました。

具体的には、車載システム開発で要求される標準規格類への対応のみならず、例えば開発プラットフォームとして代表的なAUTOSARにおけるClassic PlatformとAdaptive Platformのそれぞれの特徴に適した品確アイテムの抽出といった、複合的な要因からもたらされる要求事項を満たす品確項目を導き出すための仕組みとなります。

ガイオでは、この様な仕組みとして、品質要求と品確アイテムを紐づけることで説明根拠を持つ品確項目を抽出するためのマトリックスである「Evaluation Verification Matrix :略称 EVM 和名 評価・検証マトリックス」を開発しました。

EVM活用のユースケースとしては、個社内での品確アイテムの特定のみならず、OEM様とサプライヤ様間での品確スコープの合意と確証エビデンスの決定のために用いる、といった利用方法も想定しております。

現在進行形の活動としては、EVMをデータベースとして再構築することにより、品質要求に基づいた品確実施のために必要となるツール選定、ツール実行シナリオ指定~ツール実行~実行結果報告という、ツールチェインを束ねた一連の流れを自動構築できるソリューションの実現に取り組んでいます。

ガイオの経験豊富なエンジニアとテスト業界を牽引する弊社コンサルタントがタッグを組み、かつEVMをはじめとしたガイオの品確における総合力をフル活用することで、お客様の品確活動を強力にご支援します。

ご関心のある方は、是非ともガイオまでお声がけください。