### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、組み込み機器用ソフトウェア開発の大規模化から生じる「変数干渉による不具合」を解決する「SharedVariableChecker2」を紹介します。

本製品は、変数の競合状態や関連性を図表化し、不具合リスク箇所を特定することで作業工数の削減と品質の向上に寄与する製品です。

製品の詳細な情報をわかりやすい動画コンテンツにまとめましたので是非ご視聴ください!

===================================
ポインター対応共有変数自動可視化ツール 『SharedVariableChecker2』
===================================
【製品紹介】
プログラム解析/仕様書作成ツール CasePlayer2 との連携により、Cソースを静的解析し、タスク、関数からの同一グローバル変数へのアクセスを可視化。
変数の競合状態や関連性を図表化し、不具合リスク箇所の特定に寄与します。

また現在、更に開発現場における課題を解決するために、以下の改善点を加えたバージョンアップに向けた開発を行っています。

【SharedVariableChecker2 ※v2.1 改善点について】

①排他制御区間のアクセス情報を可視化
各変数へのアクセスが排他制御されたものかどうかが判別できるよう、各アクセス情報について排他制御有無の可視化を実施。

②排他制御区間の認識範囲を強化
同一関数外の「割込禁止関数」→「割込許可関数」間も対象へ!

また更なる改良を加え、より大規模プロジェクトに対応できるよう現在開発中です。
是非今後のバージョンアップにご期待ください。
(※v2.1のリリースは7月初旬を予定)