### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今はIoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいております。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、モデルベース開発におけるBack-to-Backテスト(B2B)のための、エンジニアリングサービスをご紹介します。

===================================
【Back-to-Backテスト ~効率化&省力化の近道とは?】
===================================
ソフトウェアテスト技術者向けの国際的な資格認定であるISTQBの用語集ではBack-to-Backテスト(以降B2Bと略します)を次のように定義しています。
『テストアイテムの、または同じテストアイテムのシミュレーションモデルの2つ以上のバリアントを比較するテスト。すべてのバリアントに対して同じテストケースを実行し、結果を比較する。』つまり、比較対象となるテスト対象(テストアイテム)で同じテストを実行して、その差分の有無を確認するテストと言い換えることができます。

モデルベース開発(MBD)では、抽象度の高い自然言語で表現された企画書や要求仕様などから制御仕様を導き制御モデルとして表現(設計)していきます。
そこから必要に応じてソフトウェア実装可能なモデルへブレークダウンし、ACG(Auto Code Generator)によりソースコードへと変換するという過程をたどります。
この一連の過程は、伝言ゲームに等しく、含まれるべき情報の欠如や矛盾、元となるモデルを設計した開発者とブレークダウンを行う開発者の仕様に対する理解の相違や誤解の発生、といったことを避けることは難しいのが実情です。

こういった問題を防ぐためにも、抽象度や粒度が変わる過程において精度を保障するための検証手段として、B2Bの実施が求められます。
B2Bでは、シミュレーション対象となるMILS、SILS、PILSの各段階においてテストを実行していきます。
MIL-MIL、MIL-SIL、MIL-PILという各シミュレーション環境間におけるB2Bを実施するためには、比較対象となるモデルやコード上の信号や変数とを正確にマッピングする必用があります。
また、テストデータの作成やテスト結果を突合せ確認するという一連の作業を人手で行うとなれば、多大な工数を費やします。
それだけではなく、人間による作業はミスを防ぎきることが難しいため、テスト結果の判定自体を誤ることにつながりかねません。

人手では余りにも手間がかかってしまうB2Bテストを可能な限り自動化することで、検証作業の省力化、作業ミスの排除による品質確保を実現すべく、ガイオはB2BのためのテストツールであるMC-VerifierやPROMPT、PLAS-Qliteといったツールをリリースしてまいりました。

各ツールは、ガイオのエンジニアリングサービスで培われた制御モデル設計ややB2Bにおけるノウハウを基に開発され、ガイオが受託する開発現場で適用し、そこで得られた知見を更にバージョンアップでの改良へとつなげていくことでツール開発のエコサイクルを構築しています。

ツール開発のみならず、エンジニアリングサービスでは、お客様のシミュレーション環境に合わせた形でB2Bを実行し、
機能安全規格に則ったテストエビデンスを納品/報告するサービスをSQVソリューション【MBD Back-to-Backテスト 定着運用サポート】として展開しています。
本サービスをご採用いただくことで、お客様が本来行われたい制御仕様の設計や検証、妥当性確認に注力いただくことが可能となります。
また、Matlab/SIMLINKのバージョンアップ対応としてのモデル移行(変更)や変更の妥当性確認のためのB2B、マイコンやコンパイラ変更後のB2Bなど、幅広く対応させていただきます。

より良いB2Bの実施に向け、ガイオのMBD検証での総合力を是非ご活用ください。