### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいているガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対して弊社は自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における安全やセキュリティー面での諸活動に、ツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、「仮想検証」に対する弊社のエンジニアリングサービスの取り組みを紹介いたします。

=============================
【仮想検証について考える(その1)】
- お客様とともに仮想検証環境を構築します -
=============================

ガイオ・テクノロジーは、自社開発した組み込み開発向けクロスコンパイラをご提供することからスタートし、プログラムのコード解析技術やマイコンシミュレーション技術をベースにした仮想検証(特にマイコンをターゲットとした仮想検証)環境を組み込みソフトウェア開発者向けに提供してまいりました。

仮想検証環境に関する技術については、マイコンとその周辺ハードウェアのモデルをシミュレーションする自社製品を開発するだけでなく、GiSのソリューションコンセプトの下、お客様が所有する他社製回路シミュレータや3Dメカシミュレータ等と弊社のマイコンシミュレータを組み合わせたCo-Simulation環境の構築にも取り組み、多くの経験とノウハウを蓄積しております。

お客様の開発環境については、古くはSolaris等のUNIX OSからWindows OSに至るまで、お客様のご要望に対応してまいりました。

構築した仮想検証環境の例には、お客様からお伺いした用途に応じてモデル内の情報やモデルに入出力するデータを可視化したものや、実際のハードウェアに対しては実施することが困難な疑似故障などの仕掛けをモデルに施したものがございます。

疑似故障の例では、自システムに発生した故障ではなく、通信する相手に見立てたモデルがGUI操作やあらかじめ用意したシナリオにしたがって不正な値を応答するような仕掛けを展開しております。

また、制御系の検証環境で利用されるマイコンと周辺ハードウェアのソフトウェアモデル上で組み込みソフトウェアを実行する仮想検証環境では、仮想検証のベースとなるソフトウェアモデル(すなわち、対象ハードウェア)の規模が大きくなるにつれて実行速度が遅くなります。

一般に、対象ハードウェアのうち周辺ハードウェアの規模は、CPUの規模に比べ非常に大きくなりますので、お客様の用途にとって冗長な機能は簡素化した周辺ハードウェアのモデルを構築することが効果的です。

このように仮想検証環境の構築には、ハードウェアを忠実にモデリングするだけではなく、お客様とのコミュニケーションから必要な機能を抽出し実装する技術が必要です。
一方、仮想検証環境の主要要素であるマイコンモデルは、社内の専属チームが常に対応マイコンの品種展開と性能向上に努めており、弊社の主力製品でも採用している技術です。

弊社では、このような技術とノウハウを車載システムの開発に利活用する実証の取り組みとして、 vECU-MBD WG(仮想マイコン応用推進協議会 vECU-MBDワーキンググループ)に参画しております。(http://www.vecu-mbd.org/)
現在の車載システムの開発では、従来の制御系要素だけでなく、画像センサーやGPUのようにコンシューマ向けから転用された高速・大容量のデータを処理するハードウェアが採用されておりますが、お客様の声を聴き、検証環境を構築することが重要である点は同じであると考えております。

弊社では、従業員に対する情報セキュリティの教育や啓蒙に努めながら、車載システム開発における仮想検証の技術ノウハウだけでなく、開発の秘匿性についてもお客様に安心いただけるエンジニアリングサービスをご提供いたします。

お客様ごとの仮想検証環境の構築における様々な課題やニーズに対応すべく、ガイオは引き続き技術力と対応力を強化しておりますので、是非、ガイオの総合力をご活用ください!