### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回は、組み込み機器用ソフトウェア開発の大規模化から生じる「変数干渉による不具合」を解決する「SharedVariableChecker2」を紹介します。

本製品は、変数の競合状態や関連性を図表化し、不具合リスク箇所を特定することで作業工数の削減と品質の向上に寄与する製品です。

製品の詳細な情報をわかりやすい動画コンテンツにまとめましたので是非ご視聴ください!

===================================
ポインター対応共有変数自動可視化ツール 『SharedVariableChecker2 v2.1』
===================================
【製品紹介】
SVC2 :SharedVariableChecker2 は、プログラム解析/仕様書作成ツール CasePlayer2 との連携により、C言語のソースコードを静的解析し、タスク、関数からの同一グローバル変数へのアクセスを可視化するツールです。

変数の競合状態や関連性を図表化することで、開発者自身によるセルフチェックやチームレビューを通じて、プログラムに潜在する欠陥の洗い出しや、プログラム間で共有変数が競合するリスク箇所を特定することにより、プログラムの実装品質向上に寄与します。

この度ガイオは、本ツールに更なる磨きをかけるべく
機能を強化および追加した、SVC2のバージョンアップ版をリリースします。

【SVC2 v2.1 アップグレード 4つのポイント♪】

 ポイント① 排他制御区間の認識範囲の強化
 同一関数外の「割込禁止関数」から「割込許可関数」間まで拡張。
 割込禁止/許可関数の認識範囲を同一関数内からソフトウェア全体まで拡張しました。

 ポイント② 排他制御区間のアクセス情報の可視化
 競合の可能性がある指摘のアクセス情報で、
 排他制御区間のアクセスか否かを確認できるようになりました。

 解析結果の可読性を考慮し、排他制御区間のアクセス指摘を除外(出力しない)
  できるオプションを用意しました。

 ポイント③ エビデンスの縮小化&分割化機能を実装
  ソースコード上の場所を指定して出力するオプションを追加することで、
  解析結果のファイルサイズを縮小できるようにしました。

 更に解析結果をエクスポートする際に、ファイルを分割して出力できるようにしました。

 ポイント④ FuncVarGrid機能を包含
  FuncVarGridのライセンスを保有するお客様にて、SVC2上でFuncVarGridの機能が利用できるようになりました。

ガイオは、お客様のプログラム実装品質向上に寄与すべく、SVC2の継続的な進化を行って参ります!