### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援しております。

こういったご支援では、お客様のご要望や課題を確実に把握するためのコミュニケーションが重要となります。
直接的なコミュニケーションが難しい状況の今、ガイオ・テクノロジーは、情報発信のための新しい試みに、日々取り組んでおります。

この取り組みの一つとして、検証ツールや最新のサービス/ソリューション、業界のトレンド情報を発信すべく【Gサイバーチャンネル】を開設しました。

本記事では、チャンネルコンテンツの一つを、ダイジェストとしてご紹介します。

番組表に基づき、ライブ配信を行っておりますので、是非ご視聴ください!
https://www.gaio.co.jp/events/g-cyberchannel/

===================================
【Gサイバーチャンネル】試作(開発費)を減らすためのバーチャル環境構築支援
===================================
ガイオは、組込みシステムにおける検証領域に適用いただくツール群と共に、お客様の多様なニーズに対応すべくエンジニアリング・サービスを展開しています。

中でも、ガイオが40年に渡る実績をベースに展開しているソリューションがバーチャル環境構築支援となります。

本サービスは開発段階での試作を減らすための効果的な手段として、ご採用いただいており、お客様の状況に応じたアプローチでサービスを実施しています。

例えば、先行開発の完成度の向上と同時に、システム組合せ技術の向上を目指したり、車載領域において、新型車のプロトタイプモデル(量産確認用試作車)の製作費用の削減をターゲットにするなど、お客様ごとのニーズと状況に即してプロジェクトを推進します。

特にハードウェアの試作には多くの手間や工数、費用が掛かるだけではなく、設計検証や評価などに用いるためには、台数の制限という物理的な制約が出てきます。

また、試作段階で見つかった問題の解決にはハードウェアのみならず、ソフトウェアを含めたシステム全体でのバランスを考慮した対策や施策が必要になることが多く、看過できない手戻り工数が生じる場合さえあります。

こういった課題への効果的な解決手段の一つとして、バーチャル環境を整備することによるシステム全体の検証や妥当性チェックや評価のフロントローディング化が挙げられます。

複数の仮想ECUとプラントモデルをバーチャル環境上で連成することで、制御モデルの検証を実現した事例や、AD/ADAS領域のためのシミュレーション環境の構築事例などの実績を積んでいます。

本番組では、この様なバーチャル環境構築支援の取り組みで得られた、幾つかの知見をご紹介します。
■成功させるために押さえておくポイント
■どのような準備が必要なのか
■どの程度の投資が必要となるのか

バーチャル環境の構築に取り組むことをご検討されている方や、現バーチャル環境の改善に関するご支援を求められている方など、ご相談ごとがありましたら、何なりと弊社までご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本チャンネルでは、組み込みシステム開発の現場で直面する様々な課題、押さえておくべき業界トレンドなどを、ツールとサービスを多面的に推進するガイオならではの視点で発信していきます。

皆様からのお申し込み & ご登録を、心よりお待ちしております。

【記事に関する問い合わせ】
サービス&ツール事業本部 事業推進室 広告宣伝グループ
 TEL:03-4455-4767
 E-Mail: info@gaio.co.jp

【毎日配信中】Gサイバーチャンネル
【毎日配信中】Gサイバーチャンネル
バーチャル環境構築支援について
バーチャル環境構築支援について