### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援しております。

こういったご支援では、お客様のご要望や課題を確実に把握するためのコミュニケーションが重要となります。
直接的なコミュニケーションが難しい状況の今、ガイオ・テクノロジーは、情報発信のための新しい試みに、日々取り組んでおります。

この取り組みの一つとして、検証ツールや最新のサービス/ソリューション、業界のトレンド情報を発信すべく【Gサイバーチャンネル】を開設しました。

本記事では、チャンネルコンテンツの一つを、ダイジェストとしてご紹介します。

番組表に基づき、ライブ配信を行っておりますので、是非ご視聴ください!
https://www.gaio.co.jp/events/g-cyberchannel/

===================================
【Gサイバーチャンネル】 欧州で用いられる実機動作パフォーマンス検証の紹介
===================================

タイミング解析では、組込みシステム全体が設計の意図通りに動作するかどうかを主に検証します。
ミッションクリティカルなシステムにおいては、品質要求の中でも特にリアルタイム性は重要な評価項目となります。

タイミング解析においての一番の課題

・入力から出力まで
・イベント発生から反応まで
・割り込みに対する反応速度や処理時間
・周期イベントの処理間隔やバラつきの許容範囲

といった複数の角度から検証を行う必要があるため、それなりの機材と準備を要することでしょう。

オシロスコープやロジックアナライザーなど、機材の数に限りがあったり、校正のために使えない期間があるなど利用するにも制限がある場合もあります。

更に検証の目的によって、機材や測定方法を変えることになるため、作業工数の増大につながります。

他にもタイミング解析の実行環境として、システムや解析対象のコンポーネントへかかる負荷による影響度が異なるため、通常負荷状態のみならず高負荷状態での解析を行うこともあります。

ガイオは、この様な実機(ECU)におけるタイミング解析のソリューションとして、ドイツGliwa社の「タイミング スイート T1」というツールを販売・サポートしております。

本番組では、自動車業界で既に【300件以上の量産プロジェクトの実績】を有する『T1』を紹介。

ターゲットソフトウエアにアプリケーションとモニタソフトを追加し動作する『T1』の仕組みや、
本ツールを用いることで「何が、どこまで出来るのか?」、「高負荷状態を、どの様に再現するのか?」
といったこと等ついて概説し、ツールの有用性をご理解いただける内容にまとめた番組となっています。

ガイオでは、お客様による評価から利用環境の構築に渡り、『T1』のご導入と適用を手厚くサポートいたします。

組込み/車載システム業界において、検証と評価の領域で確かな実績を持つ、ガイオならではの
ツールソリューションに是非、ご期待ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本チャンネルでは、組み込みシステム開発の現場で直面する様々な課題や、押さえておくべき業界トレンドなどを、ツールとサービスを多面的に推進するガイオならではの視点で発信していきます。

皆様からのお申し込み & ご登録を、心よりお待ちしております。

【お問い合わせはこちら】
サービス&ツール事業本部 事業推進室 広告宣伝グループ
 TEL:03-4455-4767
 E-Mail: info@gaio.co.jp

【毎日配信中】Gサイバーチャンネル
【毎日配信中】Gサイバーチャンネル