### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援しております。

こういったご支援では、お客様のご要望や課題を確実に把握するためのコミュニケーションが重要となります。
直接的なコミュニケーションが難しい状況の今、ガイオ・テクノロジーは、情報発信のための新しい試みに、日々取り組んでおります。

この取り組みの一つとして、検証ツールや最新のサービス/ソリューション、業界のトレンド情報を発信すべく【Gサイバーチャンネル】を開設しました。

本記事では、チャンネルコンテンツの一つを、ダイジェストとしてご紹介します。

番組表に基づき、ライブ配信を行っておりますので、是非ご視聴ください!

===================================
GCT3-CMW MBTはどこまで自動化が可能?
===================================

Model Based Testing : MBT 。そのテスト対象は、その名の通りモデルであり、仕様意図通りにモデルが機能することを検証することが主たる目的となります。

モデルは、仕様そのものを表すモデル、仕様からソフトウェアへ変換するためのモデルなど、その抽象度や粒度(詳細度)が変化します。
このため、MBTにおける構造ベースの観点でテストの過不足、つまり網羅性を示すメトリクス(計測指標)は、システムレベルなのかソフトウェアレベルなのかによっても異なります。

制御モデルに対する網羅性の確認は、MATLAB/Simulinkのテスト機能やサードパーティーのカバレッジ計測ツールを用いるのが主流です。

MBTを実施する場合、テスト対象となるモデルを分析し、テストデータを生成し、テスト実行により構造ベースでの十分性を確認するという観点では、カバレッジを計測し分析するとともに、仕様ベースの観点では、入力に対する出力が期待値(閾値)として仕様を満たしているかどうかを確認していきます。

本番組では、こういったMBTによる一連のテストプロセスを自動化することによる価値を説明すると共に、MBT自動化の実態を取り上げ、ガイオによる自動化へのアプローチを概説します。

弊社が提供している単体テストツール『カバレッジマスターwinAMS』の適用やBack to Backテストの自動化環境である『MC-Verifier』を適用、そしてMBTにおいてどの様なエンジニアリング・サービスを提供しているのかをご紹介します。

さらに後半部では、ツールベンダーであり、エンジニアリングソリューションを展開するガイオが考える現時点のMBT自動化の理想形についてお話します。
また合わせて、この理想を現実化するためのガイオの新しい取り組みである『smartMBT』を番組内でご紹介します。

ガイオは、MBTにて1クリックのフルオートメーション化を目指した研究開発と、エンジニアリングソリューションで得られたMBTのノウハウを活用したツール開発を推進しています。

組込み/車載システム業界において、検証と評価の領域で確かな実績を持つ、ガイオの新時代のMBT自動化ソリューションに、是非ご注目ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本チャンネルでは、組み込みシステム開発の現場で直面する様々な課題や、
押さえておくべき業界トレンドなどを、ツールとサービスを多面的に推進する
ガイオならではの視点で発信していきます。

皆様からのお申し込み & ご登録を、心よりお待ちしております。

【毎日配信中】Gサイバーチャンネル
【毎日配信中】Gサイバーチャンネル