### Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対してガイオは自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援しております。

こういったご支援では、お客様のご要望や課題を確実に把握するためのコミュニケーションが重要となります。
直接的なコミュニケーションが難しい状況の今、ガイオ・テクノロジーは、情報発信のための新しい試みに、日々取り組んでおります。

この取り組みの一つとして、検証ツールや最新のサービス/ソリューション、業界のトレンド情報を発信すべく【Gサイバーチャンネル】を開設しました。

本記事では、チャンネルコンテンツの一つを、ダイジェストとしてご紹介します。

===================================
GCE5-MCD 膨大なコスト・時間が必要なMBDによるテストの最適化支援
===================================
システムの制御仕様を従来の自然言語(日本語)ではなく、制御モデルとして設計し開発を進めていく手法(Model Driven Development:MDD)は組込みシステム分野、取り分け自動車領域において導入が拡がってきています。

そのお客様の技術的なニーズに沿ってガイオは、エンジニアリング・ソリューションの一環としてMBDにおけるテスト分野、一般的に Model Based Testing : MBTと呼ばれる領域でのご支援に取り組んでいます。

MBDでは作成したモデルをシミュレーションすることで、設計段階から開発対象の動きを検証、いわゆるMBTを実施します。

この設計から実装まで、それぞれ変換する過程で、仕様として意図した通りの動作を保っているかどうかを検証することが必要です。

実際には、制御仕様を現した仕様モデル、プログラミング言語に変換するための実装モデル、実装モデルからハンドコードまたはACG(Auto Code Generation)により生成されたソースコード、更には実機(ECU)に搭載するためにコンパイルしたオブジェクトコードとその抽象度が変換されていきます。

MBTでは、一般的にモデル自体の品質を以下の様な観点で確認していきます。
・モデルスタイルチェック:モデルスタイルガイドラインの準拠性の確認
・モデル設計エラーの特定:モデルのロバスト性の検証
・モデルカバレッジ測定:テストの網羅率の確認

ですが、実際にMBTを自社開発に導入した時には、幾つもの課題に直面することが多いようです。
その代表的なものとして、膨大なコストと時間が必要となる、ということが挙げられます。

こういった一連の検証の課題に対して、仮想環境を用いることでハードウェアの試作を待たずに、検証結果を得られるというMBTの大きなメリットを享受することが可能です。

本番組では、MBTの量的問題の背景を説明すると共にモビリティシステムで広がるMBDの利活用におけるモデルの品質について考察しながら、事例から観察されたMBTの実態や課題、その要因などを紐解きます。

後半部では、こういった課題の解決に向けてのアプローチや、自社ツールと組み合わせたソリューションをご紹介していきます。

MBDの導入から運用を、最速かつ効率的に実現し、MBTの「落とし穴」に陥らないためのご支援をガイオは実施しております。
MBTをテーマに取り組もうとされている/取り組まれている方は、是非とも本番組をご視聴ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本チャンネルでは、組み込みシステム開発の現場で直面する様々な課題や、
押さえておくべき業界トレンドなどを、ツールとサービスを多面的に推進する
ガイオならではの視点で発信していきます。

皆様からのお申し込み & ご登録を、心よりお待ちしております。

【毎日配信中】Gサイバーチャンネル
【毎日配信中】Gサイバーチャンネル