## Made in Japan のテストツールベンダーからのお知らせ♪ ###

ガイオ・テクノロジーは、自社開発しているソフトウェアテストツール群を40年以上に渡りご提供しているツールベンダーです。

組込みシステム領域を中心に幅広い業種でご利用いただいるガイオ製品。
特に昨今は IoTやCASE,MaaSといったキーワードにて、高い安全性とセキュリティが求められている自動車産業界を中心にご活用いただいてます。

現在、自動車分野では機能安全規格であるISO 26262や、ADASや自動運転を見据えたSOTIF、サイバーセキュリティー領域におけるISO/SAE 21434といった各規格の準拠が、業界全体で求められています。

その要求に対して弊社は自動車メーカー様やサプライヤ様の開発における、安全やセキュリティー面での諸活動にツールとエンジニアリングサービスの両輪で強力に支援していきます。

今回、統合ECU及び自動運転系の開発で導入が進むAUTOSAR-AP(注1)を適用した開発におけるユニットテストを強力に推進するための
ガイオの新ツール QTE:Quality Town for Embedded grade をご紹介します。

膨大なソフトウェアに対して、GitHubなどのオープンソース型ソフトウェア開発プラットフォームを前提に、
継続的インテグレーションのスタイルに適応し、かつ機能安全規格ISO26262での要求事項を満足するユニットテストを
QTEは実現します!!

===================================
製品名: QTE
製品バージョン: R1
リリース日: 2020年10月20日
===================================

【製品紹介】
QTEは、大規模組み込みソフトウェアに向けに、GAIOが新規に開発したテストスイートです。
自動運転や統合ECUに代表されるように、組み込みソフトウェアは、機器を制御するフェーズからもっと広い範囲をカバーする新しいフェーズに入りました。
この時代の変化に対応するために、従来型のテストツールから新しきコンセプトをもとに、お客様のテストの品質向上と効率化/自動化を提案します。

【QTEのコンセプト及び役割】
・OSSテストツール資産を機能安全及び車載品質規準へグレードアップ
・C++及びLinuxプラットフォームへの適用
・ターゲットオブジェクトの品質確認
・CICT環境構築の容易性確保
・アジャイルスタイルへの適用性確保
・大規模ソフトウェアに向けたツール動作パフォーマンス

【QTEはテスト工程に合わせた複数のモードを準備】
・テストの網羅性を簡易的に確認するカバレッジ計測モード
・機能安全基準満たす網羅性を確認するカバレッジ計測モード
・ソースの論理的な動作を確認するテスト実行モード
・ターゲットオブジェクトレベルの動作を確認するテスト実行モード

【C++に特化したカバレッジ計測機能の搭載】
・Templateを用いた場合の網羅性懸念を払拭する機能の搭載

【大規模ソフトウェアに合わせたレポートの生成】
・テストの漏れ抜けや重複を防ぐレポート生成
・テスト進捗を把握するレポート生成

製品機能詳細は、下記Webページをご参照ください。

注1:ガイオはAUTOSAR-Adaptive Platformの開発においてDevelopment Partnerとして活動しています。
注2:認証機関によるツール認証取得を現在計画しています。

QTEコンセプト図
QTEコンセプト図
QTE実行及びカバレッジモードまとめ
QTE実行及びカバレッジモードまとめ
QTEテンプレートカバレッジ計測
QTEテンプレートカバレッジ計測