近年、車載業界では、高性能化、高機能化、経済性向上(低コスト化、低燃費化)、信頼性・安全性向上、快適性向上や対環境性(排ガス規制への対応)向上等のユーザーニーズや社会的要請に応えるため、車のエレクトロニクス化が急速に進んでいます。
その結果として車に搭載されるECU(Electric Control Unit:電子制御装置)の担う機能の増大、またその実現に用いられるソフトウエアが大規模化、複雑化しています。そのためECUの開発に要する期間やコストの増大、あるいは信頼性の確保への対応が課題となっています。

その課題への対策として、乗用車や商用車を代表としたモビリティシステムでは、Matlab/Simulinkを利用したモデルベース開発(MBD)の利用が広がりつつあります。MBDでは、シミュレーションモデルにより仕様検討を早い段階で実施し手戻り工数を削減するとともに、モデルから実装コードを自動生成ないしは生成される実装コードの検証までの自動化により、作業工数を大幅に削減されています。

ただし上述する背景のとおり、ECUに搭載するソフトウェア機能の増大に伴い、モデルも複雑化・大規模化しています。
このモデルの複雑化・大規模化が要因となり、自動化環境に点在する各種ツールの性能・制約により自動化が阻害され、手作業で停止した要因の分析や、それに対する対策を講じる作業が発生しています。

このような課題に対して、弊社では、検証を容易にする構造設計が必要と考え、検証を容易にする構造設計を実現して、検証を完全自動化する「smartMBT」ソリューションを構想しています。

smartMBTの構成を図に示します。
このsmartMBTの主要な要素は3つあり、入力されるモデルに対して、検証容易化のチェックする「smartMBT-MCK」と、
テスト用モデルへの自動置換を行う「smartMBT-MRP」、これら、検証容易化設計の環境を自動化するCLI環境「smartMBT-CLI」です。

弊社では、大規模・複雑化によっておきる課題を解決する為に、検証を容易にする構造設計を取り入れ、検証を完全自動化するソリューション「smartMBT」ソリューションを構想し、MBD検証の量的問題へ取り組んでおります。

実際にお困りの方、ご興味がある方は、是非弊社までお問合せください。