■■ 分離しやすい大根おろしを分離させずに定量充填したケース ■■

他方式のポンプを使い大根おろしの充填をしているが、
下記の点が課題となっている。

1. 水分だけが先に吐出され、水分量にばらつきがでてしまい、
  品質及び充填量が安定しない。
2. 大根おろしがポンプ内部で噛み込んでしまい、分解・洗浄など
  復旧に時間と労力がかかってしまう。

★ フレックス充填システムが解決しました!

『この PR Newsの情報をもっと見る』をクリック