アンテナのリーダーであるRFS社はANSYSのシミュレーションソリューションを標準化し、シミュレーション時間を4日から1時間に短縮

=========================================

ピッツバーグ、2019年5月14日 – Radio Frequency Systems (RFS) 社と ANSYS (NASDAQ: ANSS) の協業により初めて開発された5Gアンテナは、人々、機器、装置間の通信をこれまでよりもさらに高速でかつ信頼性が高いものにします。ANSYSのシミュレーションソリューションの標準化により、RFS社のエンジニアはシミュレーション時間を4日から1時間に短縮することができ、アンテナ市場への投入を早め、世界における5Gの採用を加速します。

アンテナの設計者は、次世代の5G規格を満たし、数々のオペレータの厳しい要求や国ごとに異なる要求事項に対応し、さらにこれまでのユーザーのために3Gや4Gのアーキテクチャも統合しなければなりません。さらに世界中のユーザーを最大限にカバーするためにセルタワーや建物の屋上に設置される数十万のアンテナに対する数百にも及ぶ異なる設計が求められています。

ANSYSソリューションは、RFS社のアンテナ設計者が多くの周波数帯域にわたって迅速に設計を行うことを可能にします。シミュレーションの自動化により新しいアーキテクチャが迅速に検証され、プロトタイプと計測サイクル数が低減されます。ANSYSソリューションを使用することでRFS社は非常に高速かつ大きなスケールでシミュレーションを行い、設計者は5Gアンテナの性能を十分に展開し最適化することができます。

「4Gから5Gへのアンテナ設計アーキテクチャの進展は大きな技術的飛躍であり、ハードウェア開発に大きな要求を突きつけます。通信システムの最も重要な評価基準となるサービスの質を保証するために、私たちのチームはこれまでよりも迅速に新しい設計を概念化することに取り組んでいます。RFS社は高信頼性次世代アンテナの開発を加速するためにANSYSソリューションを標準化し、近い将来、世界中の無線通信利用者に5G通信を届けることができると思います。」(RFS社、チーフテクノロジーオフィサー、André Doll氏)

「RFS社は、ANSYSソリューションを使用してグローバルな5G通信を可能とするアンテナを開発しています。これによって、スマートフォンから自動運転車両に至るまでのアプリケーションにおいて、これまでにない速度と信頼性を持った通信が実現されます。ANSYSは、RFS社が物理的なプロトタイプおよびコストを低減して最適なアンテナを設計し、市場投入までの期限を厳守できるように支援しています。」(ANSYS、ハイテク、Global Industry部門ディレクター、Sudhir Sharma)