戦略的パートナーシップにより、仮想試験を用いた自動運転車の設計と検証が促進され、一週間に何百万マイルものデジタルロードテストが可能に

==========================================

ピッツバーグ、2019年6月25日 – AVSimulation 社と ANSYS (NASDAQ: ANSS)の戦略的なパートナーシップにより、次世代自動運転車(AV)の設計がより早く、より安全にそしてより安価に行えるようになります。この協業により、AVSimulation社の革新的なシミュレーション技術とANSYSの没入型自動運転シミュレーションソリューションが統合され、自動車メーカーが自動運転車を市場へ投入する時期を大幅に早めることができます。

自動運転の厳しい安全基準を満たすためには、自動運転車とそれを取り巻く環境、交通量、天候等とのすべての複雑な関わり合いに関しての何百万ものシナリオで試験を行い検証することが求められています。この試験では、試作車での何十億マイルもの徹底的な実走行試験が必要となり、長期にわたる開発期間と膨大なコストがかかります。

この実際の試作車による試験とそれに要する時間を大きく削減するために、OEM各社は物理ベースのシミュレーションに仮想現実機能を連携させるためにANSYSの最新の没入型ソリューションの一つである ANSYS(r) VRXPERIENCE(r)を活用しています。これにより、エンジニアは一日で何百万マイルにもわたる仮想の試験走行を行ない、日々の運転条件でのAVシステムと車両性能を検証し確認することができます。VRXPERIENCEには、HMI試験、レーダー、LIDAR、カメラ、超音波等の物理的センサーシミュレーション、組込みソフトウェア制御の統合、ヘッドランプシミュレーションがあり、シミュレーションデータの管理とシステムの安全性解析機能とリンクしています。

実績のあるAVSimulation社の SCANeR™ Studio 製品にドライビングシミュレータモジュールとしてのVRXPERIENCEを組み込むことにより、非常に現実に近いバーチャルワールドを創るオープンかつスケーラブルなモジュール型のシミュレーションソリューションとなります。これによってMicrosoft Azure等のハイパーフォーマンスクラスターやパブリッククラウド上で多くの変数を有する何千もの運転シナリオでのシミュレーションが可能となります。SCANeR™には、高精度マップやアセットライブラリから作成される道路、交通状況、天候状況、ビークルダイナミクス等が組み込まれています。

「自動運転車の安全確保には仮想プロトタイピングと大規模なシミュレーションが不可欠です。AVSimulation社のSCANeR Studio技術により、ルノー社のチームは開発サイクル全体を通じて同じプラットフォームを活用しながら、自動運転システムの設計、シミュレーション、試験を行い、何百万もの運転シナリオで自動車の安全性を検証することができます。この契約は、新しいANSYS VRXPERIENCEを介してSCANeRが世界中で活用されることを促進し、実走行試験を減らし市場への投入時間を短縮し、安全性を確保します。」(ルノー社、CAE&PLM統合エンジニアリング部門、副社長、Olivier Colmard氏)

「自動運転の実現は、Henry Fordが工業生産を革新して以来の自動車の歴史における大きな変革をもたらし、このパートナーシップはAVによる革新を大きく前進させるものです。VRXPERIENCE とSCANeRは、自動車業界において革新的な高信頼性、高効率のAVシステム設計のレベルを高めました。(AVSimulation社、CEO、Emmanuel Chevrier氏)

「無限の可能性をもたらしたSCANeRドライビングシミュレータとVRXPERIENCEの組み合わせにより、私たちのOEM、Tier1、Tier2のお客様はレベル3からレベル5のAVの開発、調整、認証を早めることができます。このパートナーシップにより、AVSimulation社とANSYSは技術の幅と深さを大きく拡大し、自動車メーカーは開発コストを大幅に削減させAVの市場投入を早めることができます。」(ANSYS、副社長兼システムビジネスユニットジェネラルマネージャー、Eric Bantegnie)