サイプレスは、ModusToolbox スイートが業界で利用されているオープンソースIoTプラットフォームをベースとした包括的なDevice-to-Cloudアプリケーション開発フローのサポートを提供することを発表!

Arm Mbed OSおよびArm Pelion IoTプラットフォームは、サイプレスのIoTエコシステムで初めてサポートされるアプリケーション開発フローで、ModusToolbox スイートをArm Mbedと共に利用できるようになることで、開発者はサイプレスのMCUやWi-Fi、Bluetoothデバイスとシームレスに統合された最新のクラウド機能を活用できるようになります。

ModusToolbox スイートは、サイプレスの業界をリードするマイクロコントローラー (MCU) およびIoT向けワイヤレス コネクティビティ デバイスを使用したデザインを設計する上で、開発者にかつてない柔軟性をもたらします。また、IoT開発のプロフェッショナルが好みの開発環境を選択できるオープン アーキテクチャを提供します。これらを集約することでModusToolboxは、コンピューティングおよびコネクティビティ、クラウドの領域においてシームレスな統合を必要とするIoTアプリケーション開発の複雑さを大きく軽減します。

Arm Mbed OSは、優れたセキュリティとコネクティビティを備えたコネクテッド デバイスの開発を支援するための無料のオープンソース オペレーティング システムです。今回の統合は、ModusToolboxをRTOS (リアルタイム オペレーティング システム) に依存しない、オープン ソースの互換性を備えたクラウド エコシステム フレンドリーなものにすることを目指すサイプレスの活動において重要な一歩となります。すべてのツールおよび開発フローが、WindowsやMac、Linuxオペレーティング システムの複数ホスト間で利用できます。Mbed開発エクスペリエンスは、Mbed CLIツールやオンライン コンパイラー、Mbed Studioより、またはModusToolbox統合設計環境 (IDE) へエクスポートすることによって提供されます。

サイプレスのModusToolboxの詳細、ダウンロードはこちらから>>
http://japan.cypress.com/modustoolbox

ModusToolbox
ModusToolbox