HBMのシグナルコンディショナーClipXにOPC UAサーバを内蔵され、
M2M通信による計測データのクラウドへの直接転送と解析が可能になりました。

トルク、圧力、温度などの機械量の解析は、生産工程や自動化システムにとって欠かせないものとなっています。1チャンネルアンプのClipXはこうした機械量の収集を高い分解能と精度で実行し、装置やシステムの制御や品質管理を可能にします。さらに計測チェーンのステータスに関する診断データやエラーデータを提供します。

IEEE規格に組み込まれているOPC UAプロトコルは工業アプリケーションの新標準ともなっています。 クリアなセマンティックスを利用して既存のEthernet環境をそのまま使ってデータ通信できる点が強みです。