産業用の圧力容器や熱交換器の設計製造を手掛けるケーイーコーポレーション(静岡市清水区)は、野菜や果物などの生鮮青果物を高鮮度で冷蔵できる「FCRシステム」(Fresh Control Refrigerator)を開発した。貯蔵可能期間が延びることで、青果物の収量や収穫時期の変動があっても出荷作業の平準化調整が容易になるため、同社はFCRシステムが農業分野の「働き方改革」実現にも寄与するとしている。

収穫された青果物を農業法人や食品会社が貯蔵する場合、「プレハブ庫」と呼ばれる業務用の大型冷蔵庫や冷蔵倉庫を使用するのが一般的である。ところが、従来型のプレハブ庫では、除湿機能があるため、扉を開閉しない場合でも温度は±10℃、湿度は約±10%ほどブレがある。そのため結果的に貯蔵する青果物の鮮度が低下しやすいという課題があった。例えば、葉物野菜を冷蔵庫に入れると、庫内の冷風によって葉の表面から水蒸気が放出される「蒸散」作用が起こり、野菜の水分は、徐々に失われていく。一般に、このように蒸散の激しい青果物の場合、貯蔵中の鮮度を維持するためには90%以上の湿度が最適とされる。

今回同社が開発したFCRシステムを使えば、プレハブ庫内の温度や湿度を一定に保てるという。従来のプレハブ庫で一般的な除湿機能ではなく、加湿しながら冷蔵する機能を FCRシステムでは「エアウォッシャー」により実現している。これにより、庫内の温度を設定温度に対してほぼ一定に、湿度を平均90~99%に結露なしで維持することが可能となった。静岡県農林技術研究所が同社と共同でケールを用いて行った鮮度保持試験では、水分減 耗率、外観、硬さ、糖度、ビタミンC含有量といった主要な鮮度指標のすべてで、一般的な倉庫やプレハブ庫と比較してFCRシステムでは大幅な改善が確認され、採り立てに近い鮮度を5日間も維持できたとしている。

高鮮度冷蔵システム「FCRシステム」