近年、労働力人口の減少や人件費の高騰を背景として、産業用ロボット市場はグローバルに拡大しています。

ティーチングペンダントは、産業用ロボットなどに実際の作業や動作を教示する際に使われる機器で、長時間持ったまま作業をする場合もあります。
また、熟練工の減少などにより、誰でも直感的に使うことができる操作性が求められていました。

【HG1P形のおすすめポイントは、「見やすい」「使いやすい」】

4.3インチの高解像度ディスプレイとタッチパネルの搭載により、情報を確認しやすく、誰でも操作しやすいため、作業者の教育時間の短縮と、生産現場の素早い立ち上げに貢献します。

また、500gの軽量構造で簡単に持ち運びができ、さらに人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインの採用により、長時間の作業による疲労を軽減します。

ロボットのティーチング作業はもとより、広大な生産ライン、大型装置などへの配置により、省人化やメンテナンス作業の効率化などにも貢献します。