建設機械では、エンジンを車両と作業機の駆動の両方に用いるPTO(=Power Take Off)が採用されています。

しかしこの機構には、「PTOの切り替えミス」による人身事故のリスクが潜んでいます。

さらに昨今は、労働力不足の影響で機械の操縦に不慣れなオペレータが増えてきており、ミスが発生する確率が高くなってきています。

IDECはヒューマンエラーの発生を未然に防ぐ対策をご紹介します。