PIC MCUアプリケーションの大規模エコシステムでセキュアな
クラウド接続を次世代設計に簡単に追加できるソリューション
2019年2月22日[NASDAQ: MCHP] — コーヒーメーカーからサーモスタット、灌漑システムまで、PIC(r)マイクロコントローラ(MCU)は無数の組み込みアプリケーションの中心です。開発者が次世代のPIC MCUアプリケーションをクラウドに移行させるには、通信プロトコル、セキュリティ、ハードウェア互換性に伴う複雑さを克服する事が必要です。これらのアプリケーションの開発期間を短縮するため、Microchip Technology Inc. (日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、低消費電力PIC MCU、CryptoAuthentication™セキュア エレメントIC、認証済みWi-Fi(r)ネットワーク コントローラを組み合わせた、Google Cloud IoT Core向けの新しいIoT (Internet of Things)ラピッド開発ボードを発表しました。本ソリューションは、PIC MCUを使ったアプリケーションを簡単に接続およびセキュアにできるようにする事で、大規模なソフトウェア フレームワークとリアルタイム オペレーティング システム(RTOS)につきものの開発期間の長期化、コストの増加、セキュリティの脆弱化を防ぎます。Google Cloud IoT Coreは強力なデータとアナリティクスを提供し、より優れ、よりスマートな製品の開発を支援します。
Google CloudとのMicrochip社の長年のパートナーシップの一環として、PIC MCUアプリケーション設計者はPIC-IoT WG開発ボードと無償のオンライン ポータル(www.PIC-IoT.com)を使って次世代製品にクラウド接続機能を簡単に追加できます。接続後は、Microchip社のMPLAB(r) Code Configurator (MCC)を使ってアプリケーションを開発、デバッグ、カスタマイズできます。本ボードは以下を含むスマートデバイス、コネクテッド デバイス、セキュアデバイスを備え、コネクテッド アプリケーションを短時間で開発できます。
•CIP(コアから独立した周辺モジュール)を内蔵したXLP (eXtreme Low Power) PIC MCU: バッテリ駆動のリアルタイム センシングおよび制御アプリケーションに理想的なPIC24FJ128GA705 MCUは、PICアーキテクチャの使いやすさと大容量メモリと先進のアナログモジュールを兼ね備えています。より少ないコードと低消費電力で複雑なアプリケーションを扱うように設計された最新のCIPを使って、本デバイスは高性能と超低消費電力を実現しています。
•Root of Trust(信頼の起点)をハードウェアで保護するセキュア エレメント: ATECC608A CryptoAuthenticationデバイスは信頼および保護された一意のアイデンティティを、セキュアに認証できる各デバイスに提供します。ATECC608AはGoogle Cloud IoT Coreに登録済みの状態で提供されるため、ゼロタッチ プロビジョニングですぐに使えます。
•Google CloudへのWi-Fi接続 – ATWINC1510は、どんなMCUにも柔軟なSPIインターフェイスで簡単に接続できる、産業グレードの認証済みIEEE 802.11 b/g/n IoTネットワーク コントローラです。本モジュールを使うと、ネットワーク プロトコルの専門知識を習熟する必要がなくなります。

「Microchip社は新しいラピッド開発ツールの導入を続けます。これらの開発ツールを使う事でPIC MCUの設計者は変わりゆくアプリケーション要件を満たし、差別化した製品を開発できます」とMicrochip社8/16ビットMCU部門副社長のSteve Drehoblは述べています。「設計者がIoT (Internet of Things)にクラウド接続を追加し、アプリケーションをIoTに移行できるように、弊社のPIC-IoT WG開発ボードは設計を短期間で市場に投入するための簡単な開発プロセスを提供します。」
Google Cloud IoT Coreは、設計者が地球的規模で簡単かつセキュアにデバイスをクラウド接続し、デバイスを管理し、デバイスからデータを取り込む事を可能にするマネージド サービスを提供しています。本プラットフォームを使うとリアルタイムでデータを収集、処理、分析できるため、設計者は組み込み設計の動作効率を向上させる事ができます。
「PIC-IoT WG開発ボードを使うと、セキュリティを低下させずにクラウド接続型アプリケーションの開発期間を短縮する事ができます」とGoogle Cloud IoTプロダクト マネジメント リーダーのAntony Passemard氏は述べています。「本ボードは、Google Cloud Platformのネットワーク インフラストラクチャおよびGoogleのIoTサービスと組み合わせると、強力な解析機能と独自の機械学習機能を備えたツールとして誰でも簡単に使う事ができます。」
最近発表したAVR-IoT WG開発ボードにPIC-IoT WG開発ボードが加わる事で、設計者は任意のMCUアーキテクチャを柔軟に使ってクラウド接続型アプリケーションを簡単に開発できます。

開発ツール
PIC-IoT WG開発ボードはMPLAB X統合開発環境(IDE)とMCCラピッド プロトタイピング ツールでサポートされます。本ボードは450種類を超えるMikroElektronika社製Click boards™と互換です。これらを使うとセンサとアクチュエータの選択肢を広げる事ができます。本キットを購入してオンライン ポータルサイトにアクセスすると、センサから発信されるデータを可視化できます。PIC-IoT WG開発ボードと一緒に完全な基板回路図とデモコードも提供しているため、差別化したIoT最終製品をお客様が短期間で市場に投入するのに役立ちます。

在庫/供給状況
PIC-IoT WG開発ボード(AC164164)は本日より量産出荷を開始します。詳細はMicrochip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、PIC-IoTポータルまたはMicrochip社直販ポータルをご利用頂くか、Microchip社正規販売代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください(掲載に許可は不要です)。
•ボードの写真: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/46028523174

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はマイクロコントローラ、アナログ、FPGA、コネクティビティ、電源管理半導体のトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。弊社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で130,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。
###

Note: Note: Microchip社の名称とロゴ、Microchipロゴ、PIC、MPLABは米国およびその他の国におけるMicrochip Technology Incorporatedの登録商標です。CryptoAuthenticationは米国およびその他の国におけるMicrochip Technology Inc.の商標です。その他の商標は各社に帰属します。