9~20インチ タッチスクリーンのS/N比を大幅に向上させるmaXTouch(r) TDタッチスクリーン コントローラ ファミリ

2019年7月1日[NASDAQ: MCHP] — 車載タッチスクリーンの開発者が直面している電磁干渉(EMI)と電磁適合性(EMC)の課題に対応するため、Microchip Technology Inc.(日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、3つの新しいmaXTouch(r)タッチスクリーン コントローラとその最適化サービスを発表しました。TDタッチスクリーン コントローラ ファミリは、信号/ノイズ比(SNR)を大幅に向上させる新しい差動相互信号取得手法を採用しています。これにより、最大4.5 mmのポリメチル メタクリレート(PMMA)に相当する非常に厚いガラスまたはプラスチック カバーレンズを使う事ができ、厚い手袋越しでもマルチフィンガー タッチをサポートできます。
Microchip社は先日、最大20インチの車載タッチスクリーンをサポートするMXT449TD、MXT641TD、MXT2113TD、MXT2912TDを発表しました。MXT1067TD、MXT1189TD、MXT1665TDは、それらの製品を補完する位置付けの、9~13インチ向けとしてコストを下げた製品です。全デバイスとも機能安全の要求に対応しており、車載SPICEレベル3機能およびISO 26262 ASIL (Automotive Safety Integrity Level) B要件を満たすように設計されています。
TDファミリは、EMI最適化ツールで放射ノイズを最適化する独自の波形整形機能を備えています。Microchip社の世界中のアプリケーション デザインセンターのエキスパートと協力しながら、このツールを使う事でユーザ定義の放射レベル限界値を入力し、タッチセンサ信号の収集に使う送信バースト波形の形状を調整できます。
この波形の整形には、最適化ツールで得られたファームウェア パラメータを使い、リモート キーレスエントリ システム等の他の車載アプリケーションに影響を与えないバースト用基本周波数の設定に役立ちます。こうして得られたパラメータはmaXTouchコンフィグレーション ファイルにそのまま追加でき、タッチ コントローラの性能を個々の設計に合わせてカスタマイズできます。このプロセスを使うと、目標のEMI/EMC性能を達成するため各種設定を使った実験を省略でき、高価なEMC実験室の使用時間を数時間、場合によっては数週間も節約できます。
「車載タッチスクリーンの設計に弊社のアプローチを使うとサイズ、ユースケース、カバーレンズの材質および厚さ、自動車のモデルが変わっても同じ設計環境と製品機能を使う事ができるため、設計時間を大幅に短縮できます。」とMicrochip社ヒューマンマシン インターフェイス部門副社長のFanie Duvenhageは述べています。「Microchip社のデバイスは、世界中の8つの専用アプリケーションおよびセンサ デザインセンターによってサポートされています。画面サイズ、アスペクト比、ディスプレイのタイプとプロバイダ、タッチスクリーン全体のアーキテクチャまで、全ての要素に応じた設定でお客様を支援します。」
Microchip社は車載タッチスクリーン コントローラのポートフォリオを幅広く提供しています。対象アプリケーションはセンタースタック ディスプレイとナビゲーション システムだけに限られず、オートメーションおよび製造ステーション等の産業用アプリケーションにも適しています。

開発ツール
新しいmaXTouchタッチスクリーン コントローラ ファミリの各製品にはそれぞれ評価用キットを用意しています。キット番号はATEVK-MXT1067TDAT-A (I2C)、ATEVK-MXT1189TDAT-A (I2C)、ATEVK-MXT1189TDAT-C (SPI)、ATEVK-MXT1665TDAT-A (I2C)、ATEVK-MXT1665TDAT-C (SPI)です。各キットはmaXTouchタッチスクリーン コントローラ実装済み基板、透明ガラス カバーレンズ付きタッチセンサ、センサに接続するためのFPC (Flat Printed Circuit)、USB経由でホスト コンピュータに接続するためのブリッジ基板、各種ケーブル、ソフトウェア、マニュアルを含みます。これらは全てmaXTouch Studioと互換です。maXTouch StudioはmaXTouch コントローラの評価をサポートするソフトウェア開発環境です。

maXTouch EMI最適化サービスは、Microchip社の世界中のアプリケーション デザインセンターの1つによるシステムサポートの一部として提供します。

在庫/供給状況
MXT1067TD、MXT1189TD、MXT1665TDは本日より、TQFP128パッケージ(MXT1067TDのみ)とLQFP144パッケージでサンプル出荷と量産出荷を開始いたします。詳細はMicrochip社または正規代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。評価用キットをご購入頂くには、purchasing portalにアクセスするか、Microchip社の正規代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください(掲載に許可は不要です)。
•アプリケーション画像: www.flickr.com/photos/microchiptechnology/48044604603/sizes/l
•製品画像: www.flickr.com/photos/microchiptechnology/48044660178/sizes/l

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションの半導体トッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で125,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。

###

Note: Microchip社の名称とロゴ、Microchipロゴ、maXTouchは米国およびその他の国におけるMicrochip Technology Incorporatedの登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。