2021年10月11日からオンライン開催される「日経クロステック EXPO 2021」にシナモン代表取締役社長CEOの平野未来氏が登壇する。「起業家マインドがDXを加速する、テクノロジーで切り拓く未来の姿」と題し、起業家としてのこれまでの成功や失敗、そして新規事業を立ち上げ成功に導くうえで何が必要なのかを語る。

シナモン代表取締役社長CEOの平野未来氏
(撮影:志田彩香)

 平野氏は企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)について「新しい事業の立ち上げとほぼ同じ」と話す。そして立ち上げた事業を成功させるためには「不可逆変化」なイノベーションとタイミングが重要であるという。加えて、ターゲットが成長性のある市場であること、市場を満足させるプロダクトがあることが不可欠だと指摘する。

 事業が立ち上がった後は「野心的な変革目標」が欠かせないというのが平野氏の主張だ。事業を支えるテクノロジーの進化は指数関数的に進むため、立ち上げたビジネスモデルはすぐに陳腐化してしまうからだ。事業を立ち上げてからはテクノロジーの面においても成長戦略を描き、競合優位性を高める仕組みを回し続ける必要がある。

 日経クロステック EXPO 2021の講演では、平野氏の経験に基づく新規事業立ち上げや成長戦略についての解説を通じ、DX成功の勘所を浮き彫りにしてもらう。

起業家マインドがDXを加速する、テクノロジーで切り拓く未来の姿
2021/10/11(月) 12:30 ~ 13:00
シナモン 代表取締役社長CEO 平野 未来 氏

 DXの本質はX(トランスフォーメーション)にあり、大切なことは新規事業マインドです。シリアルアントレプレナーとして経験した成功も失敗を共有しながら、新しいビジネスと成長戦略を支えるテクノロジーや、AIをパーパスや成長戦略に取り込む方法についてお話させていただきます。