「人にやさしいデジタル改革」とはどういうことか――? 10月20日の「日経クロステック EXPO 2021」は、こんな基調講演で幕を開けます。武蔵大学 社会学部 教授の庄司昌彦氏が、総務省「地方自治体のデジタルトランスフォーメーション推進に係る検討会」座長として関わった「自治体DX推進手順書」の要点を語ります。

 相次ぐ品質不正に関する講演もあります。元 芝浦工業大学 教授の安岡孝司氏が、最近の調査報告書の原因分析や再発防止策を参考に、不正を起こさない職場マネジメントについて考察します。

 日経クロステックの人気コラム「テクノ大喜利」のライブ企画では、深刻化する「半導体不足」をテーマに複数の識者が語ります。「半導体不足はいつまで続くか」「これから半導体不足が深刻になる業界はどこか」といった観点から、今後の見通しを探ります。

 コロナ禍で重要性がますます高まるデジタルヘルス。手術支援ロボットや治療用アプリといった最新技術の適用を人々はどう感じているのか、これら技術によって未来の医療や介護はどうなるのか。日経デジタルヘルス 編集長の河合基伸が解説します。

 日経クロステックの名物企画といえば「分解」。本イベントで題材にするのは、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の電気自動車(EV)「ID.3」です。ID.3を分解することで見えてきた内部的な特徴を、動画や写真を交えて徹底解説します。

自治体DXの要点と展望 ーー人にやさしいデジタル改革とデータ活用のあり方
2021/10/20 (水) 10:00 ~ 10:30
武蔵大学 社会学部 教授 庄司 昌彦 氏

 総務省「地方自治体のデジタルトランスフォーメーション推進に係る検討会」座長として関わった「自治体DX推進手順書」の要点をご紹介します。また現在のデジタル改革が掲げる「人にやさしい」とはどのようなことであるか、行政によるデータ活用はどう進めるべきかなど、今後に向けた展望もお話しします。

なぜ品質不正が起きたのか?調査報告書から読み解く不正防止のチェックポイント
2021/10/20 (水) 12:30 ~ 13:00
元 芝浦工業大学 教授 安岡 孝司 氏

 不正を起こさない職場マネジメントについて、最近の調査報告書から原因分析や再発防止策を参考にして考えます。まず品質不正のメカニズムを整理し、それに基づいて①不正が起きにくい組織体制・風土のあり方、②不正が起きにくい職場マネジメントの考え方、③不正に気付いた時の対応方法などについて説明します。

テクノ大喜利ライブ:半導体不足はいつ解消するのか
2021/10/20 (水) 17:00 ~ 17:40
東京理科大学大学院 経営学研究科 教授 若林 秀樹 氏
インフォーマインテリジェンス シニアコンサルティングディレクター 南川 明 氏
SEMI Japan マーケティング部 マネージャー 蓬田 宏樹 氏
<モデレーター>日経クロステック 先端技術編集委員 加藤 雅浩

 半導体不足による「ものづくりの停滞」が深刻度を増しています。特に自動車業界において、工場の減産・稼働停止が相次ぎ、家庭用エアコンなど他の製品・業界にも被害は広がっています。そこで本セッションでは「半導体不足はいつまで続くか」「これから半導体不足が深刻になる業界はどこか」「半導体不足の解消に向けてなすべきことは何か」「やがては供給過剰に反転するのか」といった観点から、今後の見通しを探ります。

生活者の期待値から考える、デジタルヘルスが拓く健康・医療の未来
2021/10/20 (水) 17:00 ~ 17:30
日経デジタルヘルス 編集長 河合 基伸

 「AIが診断を支援し、ロボットで手術、病気はアプリで治療する」という時代が現実になりつつある。国産初の「手術支援ロボット」が登場し、「治療用アプリ」が日本で承認を受け、医師を支援するAIの活用が進んでいる。こうした最新技術の適用を人々がどのように感じているか受容性を独自調査した結果と合わせ、デジタルヘルスが拓く健康・医療・介護の未来を紹介する。

動画・写真で徹底解説! フォルクスワーゲン本気の電気自動車「ID.3」分解
2021/10/20 (水) 17:30 ~ 18:00
日経クロステック 副編集長 日経エレクトロニクス 編集長 中道 理

 日経BP総合研究所/日経クロステックでは、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の電気自動車(EV)「ID.3」を分解し、分析しました。ID.3は、EV専用で開発したプラットフォーム「MEB」を採用するなど、VWが今後のEVシフトを見据えて本気で開発したEVです。本講演ではこの分解で見えてきたID.3の内部的な特徴を動画と写真でお伝えします。