「日経クロステック EXPO 2021」では、最終日となる10月22日にも多くの基調講演を実施します。うち2つは、自動車関係のテーマです。「デジタルモーターショー 自動車ジャーナリスト座談会」と題した講演では、新型コロナ禍がなければ2021年10月ごろに開催されていた「東京モーターショー」の展示内容を、第一線で活躍する自動車ジャーナリスト3人が大胆予想します。

 自動車メーカーからは本田技研工業が登壇。「Hondaのデータビジネス 失敗と成功の軌跡」と題して、同社が2021年8月に発表した渋滞対策サービスについて語ります。初期の実証でどんな問題があったか、それらをどのように乗り越えて成果を出したかを明かします。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)と文書情報マネジメントについての講演もあります。日本文書情報マネジメント協会 理事長の勝丸泰志氏が、「デジタル社会とデジタルトランスフォーメーションを支える文書情報マネジメント」と題して講演します。

 私たちの生活を支えるインフラを構築する事業は、これからどうなっていくのか―― 。それを展望する基調講演が、「経済成長の起爆剤に!グリーン・デジタル社会のインフラ構築事業」。インフラビジネスパートナーズからゲストを迎え、インフラ分野でのこれからの有望市場とそのポテンシャルについて解説します。

 最後は、4脚歩行ロボ「Spot」に迫る基調講演。日経エレクトロニクス 編集長の中道理が、Spotの実力や使いどころを探るべく実施した実験の成果を報告します。動画をふんだんに使い、Spotの構造や弱点を中心に解説します。

デジタルモーターショー 自動車ジャーナリスト座談会
2021/10/22 (金) 10:00 ~ 11:00
自動車ジャーナリスト 日本自動車ジャーナリスト協会理事 岡崎 五朗 氏
ジャーナリスト 桃田 健史 氏
<モデレーター>オートインサイト 代表 鶴原 吉郎 氏

 新型コロナ禍がなければ、2021年10月ごろに開催されていた「東京モーターショー」。日系自動車メーカー各社はどんな車を打ち出したのか。カーボンニュートラル対応車が中心になるのは確実だったろうが、「逆張り」で臨むメーカーもあったかもしれない。第一線で活躍する自動車ジャーナリスト3人による大胆予想を通じて、日系自動車メーカー各社の最新の戦略を浮き彫りにする。

Hondaのデータビジネス 失敗と成功の軌跡
2021/10/22 (金) 12:30 ~ 13:00
本田技研工業 モビリティサービス事業本部 コネクテッド事業統括部 福森 穣 氏
本田技研工業 モビリティサービス事業本部 コネクテッド事業統括部 船越 允維 氏

 Hondaでは、Honda Drive Data Serviceというサービスを提供している。その中の1つとして、2021年8月に渋滞対策サービスを発表した。初期の実証では、表示方法・案内方法など様々な問題があったが、それらを乗り越えて日光で旅行時間を50%削減するという成果を獲得した。

デジタル社会とデジタルトランスフォーメーションを支える文書情報マネジメント
2021/10/22 (金) 11:00 ~ 11:30
日本文書情報マネジメント協会 理事長 勝丸 泰志 氏

 DXは、その言葉を聞かない日がないほど社会に広まりましたが、日本では成功例よりも遅れていると指摘される場面が多いと感じます。DXはテクノロジーの活用のみならずルール及び人の変革が必要であり、かつイノベーションが本来の目的です。組織のリーダーは、DXの狙いを自ら考えて発信することが成功への近道です。

経済成長の起爆剤に!グリーン・デジタル社会のインフラ構築事業
2021/10/22 (金) 17:00 ~ 17:40
インフラビジネスパートナーズ 菅 健彦 氏
インフラビジネスパートナーズ 平島 寛 氏
<モデレータ> 日経BP TechFindプロデューサー 河井 保博

 2030年には年1兆円を超えるような巨大市場をいくつも生み出すもの。私たちの生活を支えるインフラを構築する事業こそがそれだ。電気や水、道路や交通機関、これからはそこに、未来の脱炭素社会やデジタル社会を支える「次世代インフラ」が重なる。そのインフラ構築を推進し、未来の日本の経済成長を担うのは、税収の減少に苦しむ行政ではなく民間企業による戦略的な投資と市場開拓。本講演では、インフラ分野でのこれからの有望市場とそのポテンシャルについて解説する。

動画を使って徹底解説! 水没事故で見えた4脚歩行ロボ「Spot」の弱点
2021/10/22 (金) 17:30 ~ 18:00
日経クロステック 副編集長 日経エレクトロニクス 編集長 中道 理

 日経クロステックでは、米Boston Dynamicsの4脚歩行ロボ「Spot」を入手した。このSpotの実力や使いどころを探るべく、実験を試みた。ところが、この実験を開始するや否や、Spotが用水路に落下し、再起不能となってしまった。本セッションでは、動画をふんだんに使い、この事故の復旧作業から見えた、Spotの構造や弱点を中心に解説する。