IoTのエッジ機器としても利用される基板コンピュータには、Raspberry PiやArduinoなどがよく知られています。これに対して、もっと小さくもっと簡単に組み立てることができる超小型基板コンピュータを研究開発する日本のプロジェクトが2021年3月に完了し、商用化の動きが本格化しました。

(出所:新エネルギー・産業技術総合開発機構)

 では、このプロジェクトの名称は何でしょうか?

 (1)トリリオンノード・エンジン
 (2)ビリオンノード・エンジン
 (3)ミリアードノード・エンジン
 (4)ミリオンノード・エンジン

(出題:京都大学クイズ研究会「Mutius」

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2021 への入場登録が必要です
登録済みの方はログインしてください