正解は「(3)eVTOL」です。eVTOLはelectric Vertical Take-Off and Landingの略で、米国で開発が盛んになっています。

 eVTOLは主に都市部での「エアタクシー」としての利用が想定されており、自動車で移動する場合に比べて数分の1の時間で済むことから、都市部の渋滞問題を解決する手段として期待されてきました。加えて電動化によって、温暖化ガス削減のほか、燃費向上や構造の簡素化によるメンテナンス負荷の軽減でコスト削減を狙え、カーボンニュートラルな社会の実現にも役立ちます。

<関連記事>
電動の「空飛ぶクルマ」が米国で再始動、24年の商用 トヨタも参戦
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00141/022200116/