2020年は、2年毎の調剤報酬改定、改正薬機法の施行、それに加えコロナ禍と薬局に大きな変革を迫る事態が発生しています。本講演では、薬局の現状や今後の方向性を読み解き、どのような薬局が生き残り発展していくか、また、その際にどのようにシステムを活用しているかを考察していきます。