ニューノーマル時代の「医療・介護」、「予防・健康づくり」を支えるオンラインイベント

 医療・介護の現場に大きな変化をもたらした新型コロナウイルス。その脅威はいまだ去ることなく、この先、私たちは未知のウイルスと共存する必要に迫られています。イベントや展示会も、ウイルスとの共存を前提にした「ニューノーマル」での開催が避けられず、2020年の「日経クロスヘルス EXPO」はオンライン開催に変更いたしました。

 ウィズコロナ、アフターコロナは国民生活のあらゆるシーンを変えることになりますが、特に医療・介護サービスの現場では影響が深刻です。患者・入所者はもちろん、サービスを提供するスタッフも含めた感染防止対策を図るには、莫大なコストと労力が必要とされるからです。

 それを軽減する可能性を秘めるのが、医療・介護を支える新たな技術やサービスです。今年の「日経クロスヘルス EXPO」では、ニューノーマルの時代における医療・介護サービス、予防・健康づくりの在り方を展望するとともに、そこに必要とされる新技術、新サービスを紹介してまいります。

 ぜひ会場にアクセスいただき、「日経クロスヘルス EXPO 2020」にご参加ください。

名称日経クロスヘルス EXPO 2020
会期2020年10月14日(水)~16日(金)
開催形態オンライン開催
主催日経BP
後援厚生労働省、経済産業省、日本医師会、日本歯科医師会、日本高血圧学会
協力媒体日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション、日経バイオテク、日経ビジネス、日経デジタルヘルス、Beyond Health
参加方法事前登録制(登録無料)
※一部有料セミナー有り