弘前大学COIでは、従来型健診を補完し、これまでの知見を集約した新健診モデル「QOL健診」の開発・展開をしている。この「QOL健診」は、検査項目を「メタボ」「ロコモ」「口腔保健」「うつ病・認知症」の4つの領域に絞り込み、健診即日に2時間で健診実施・結果通知・健康教育までを一気通貫で完結させるコンパクト型のプログラムパッケージだ。「健康教育」に機軸を置くことにより、受診者の行動変容やヘルスリテラシー向上を目指した新しい健診となっており、すでに一定のエビデンスを蓄積し、健康増進に大いに貢献できる可能性が高い。

次のページで動画を再生できます

ここから先はログインが必要です

日経クロスヘルス EXPO 2020 への入場登録が必要です