[画像のクリックで拡大表示]

【サービス概要】

  • ・市民、従業員が年1回受診している「健康診断」の結果で得られる一般血液検査データやBMIのデータなどをインプットし、深層学習させることによって、国際的な認知機能リスク評価スケールである「MMSE」のスコアを推定し、現状の認知機能の低下リスク状態を評価するサービス
  • ・通常の検査では、何らかの検査を行う必要があるが、本検査は過去のデータを入力するだけで、一切の侵襲性がない
  • ・複数データをインプットすることが可能で、複数の認知機能低下リスク状態を評価
  • ・費用もリーズナブルで、1千円台でリスク評価可能
  • ・東京大学酒谷薫特任教授(※)の研究をベースに事業化
      ※酒谷薫教授が日大教授時代に行った研究

◆資料では、検査のイメージや精度情報なども掲載

【背景】

 認知症は単なる老化や物忘れと判別しにくいため、医療機関への受診から足が遠のきやすい疾病の1つであり、現状は抜本的な対策はない。ただし、早期介入により対策を施すことで、認知機能の低下が穏やかになることが分かっている。介入を早めるための定量的かつ簡便、安価な0次スクリーニング機能が必要であり、事業化を行った。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロスヘルス EXPO 2020 への入場登録が必要です