気候変動による自然災害の激化で、事業継続計画(BCP)の一環として業務システムの災害対策を行う必要性が年々高まっています。データの「避難先」としてクラウドを活用することで1拠点のみの企業であっても、災害対策の強化を図れます。クラウド活用で実現する業務システムの災害対策を、事例を交えて紹介いたします。

中田 皓介 氏
Arcserve Japan ソリューション統括部 マネージャ
中田 皓介 氏