AIを導入すればすべてのビジネスが効率化し、成果が上がるわけではありません。
どの課題にAIを用いるのか、ビジネスインパクトと実現可能性の両面から十分に検討することが重要です。
ビジネスとアナリティクスの両面から、効果の出やすいビジネス課題の選定方法を、製造業事例を交えながら解説します。

水野 亮 氏
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 技術統括 製造領域担当(チーム長)
水野 亮 氏