データ活用において人間の知識や経験、視点は重要なファクターです。日々増加する多種多様なデータに対し、機械が人間と同程度のデータの意味理解、知識の共有が可能になればDXやデータドリブン経営の実現につながります。本講演では、最新技術と機械によるデータ意味理解、知識の共有を実現した事例をご紹介します。

佐久間 康久 氏
NTTデータ 第四金融事業本部 事業開拓推進室 マーケティング企画担当 部長
佐久間 康久 氏

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です