これまで、宇宙からの地球観測や位置測位に関するデータを利活用できる組織は政府機関や大企業に限られていました。しかし、近年それらのデータを誰でも利用できる時代が到来しています。本講演では、講師が手がけた街づくりや農業、スポーツ分野での宇宙データを活用したサービスを紹介し、その開発のヒントを提供します。

神武 直彦 氏
慶應義塾大学 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
神武 直彦 氏

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です