少子高齢化による働き世代の減少や社会情勢の変化で、遠隔での状況確認の重要性が増す中、状況をそのまま画像として捉えられるカメラは非常に有効な手段です。昨今のトレンド、エッジ処理技術により可能性が広がった通信するエッジAIカメラ「S+ Camera Basic」。ユーザー様2社に、商業施設や街中での活用事例をお話いただきます。

齋藤 洋徳 氏
ソラコム セールスマネージャー
齋藤 洋徳 氏
石原 太郎 氏
JR東日本情報システム チーフエンジニア
石原 太郎 氏
竹野 雄尋 氏
Intelligence Design 取締役 CSO
竹野 雄尋 氏

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です