人材確保の難しさが叫ばれるなか、2025年にはミレニアル世代が労働人口の半数を占めると言われています。多様な価値観をもつ従業員が活躍する組織をつくるには、従来とは異なり正確な人事データに基づいた施策を講じることが必要です。これから先に役立つ、従業員と向き合った組織づくりについて解説いたします。

重松 裕三 氏
SmartHR プロダクトマーケティングマネージャー
重松 裕三 氏